やる気スイッチなら学力がグンとアップする

文系の科目に力を入れる

男女

国語と英語で高得点を取る

医学部を受験する時には、英語と国語の2つの教科に力を入れる必要があります。数学と理科は得意にしている人が多いので、自分の能力をさらに伸ばすようにすれば、本番で良い点数を取ることができます。しかし、英語と国語は苦手にしている人が多く、本番で思うような点数を取れない人もいます。まず国語に力を入れる必要があります。文章を的確に読み取れるようになれば、国語の点数は上がっていきます。毎日自分が受ける予定の大学の国語の過去問を解くようにしましょう。同時に毎日必ず一定の分量の文章を読んで、その内容を自分の言葉でまとめるようにします。これをすることは国語の点数のアップだけではなく、小論文対策にもなります。新聞の論説欄が、この勉強に適しています。英語はまず文法を深く理解する必要があります。文法が頭の中に入っていれば、医学部受験の時に有利になります。一番点数の高い長文読解で、高い点数を取れるようになるからです。受験用の文法の参考書を繰り返し勉強しましょう。その時大切なことは、その参考書に書かれている例文をきちんと暗記することです。語彙を増やす必要もあります。語彙が増えれば、英文の理解度は上がっていきます。医学部では普通の学部と異なった英文が出されることが多いので、医学部受験用の単語のテキストを購入して、それを確実に覚えるようにすることが大切です。国語も英語も受験が近づいてきたら、過去問を解くことに重点を置くようにします。最初は時間にこだわらずに解いて、慣れてきたら時間内に問題を終わらせるように努力します。